葬儀をするためのホールとはなんでしょうか。

葬儀はホール選びで決まる

みなさんは家族とのお別れをされたことはありますか?
私は何度か経験しています。
愛する家族との別れは悲しく辛く、その想いの中での葬儀を行うことは本当に大変なことです。

葬儀は家で行うものとされていた時代も終わり、今はほとんどがどこかのホールで行われるようになりました。
日頃からホール選びを考えておられる方は少ないかと思いますが、これによって最期のお別れが大きく変わるのです。

家族との別れに慣れるというのも悲しいことですが、何度かの経験から感じたことは、遺族に寄り添う姿勢のあるスタッフを配置されているホールでの葬儀は悲しみの中でも心に残るものになるということです。

家族が安心して故人とお別れができるような配慮があるのとないのとではずいぶん違います。
そして、弔問に来てくださった方への対応にも違いがでてきますので、慎重に選びたいものです。

といっても、なかなか準備できるようなものではありません。ということは、身内ではない葬儀に行った時に、ホールのスタッフの姿を見ておくことも大切かと思います。
マニュアル通りにそそと動いているスタッフか、マニュアルに沿っていても心がこもっているか、心から家族の別れの場面に寄り添っているかなどを見て来て欲しいものです。

ホールにいつスタッフは教育を受けている人ばかりですが、やはり人間性がでるものです。

映画「わかれびと」を見られた方も多いでしょう。仕事に誇りを持って、誠心誠意働いているスタッフを見るとそのホールへの信頼感が深まります。
何かあったときに、ここでお願いするというのがあると安心ですね。悲しいことは考えたくありませんが、備えあれば憂いなしです。