葬儀をするためのホールとはなんでしょうか。

新聞のチラシに載っていた葬儀のセレモニーホール

先日入っていた葬儀のセレモニーホールのチラシにちょっと驚いてしまいました。
切り取って保存してください。もしもの時には必ずお役に立ちます。
チラシ限定無料クーポン券、などというものが載っていたのです。

まったく葬儀にはまだご縁はなさそうだと思っていた私もついそのチラシを手にとって眺めてしまいました。
住まいが埼玉の川沿いということもあり、近くにはセレモニーホール、葬儀のできる会館がいくつかあるようです。

よく最寄の駅では喪服姿の案内の方を見かけます。
しかしわたくしごととなると実家も他県にあり両親ともに健在。となるとお葬式のことなどなかなか考えが及ばないものです。

子供の方から、お墓のことや、葬儀はこうした方がいいんじゃないなかしら、などという話はなかなかできないものです。

このチラシをよく読んでみると、細かく料金設定もされていてとても良心的な感じを受けます。
お金のない人は、火葬式プランと称して、98000円で火葬のみ。必要最小限のオプションつきです。

国からの補助も最大13万円あります、と記載されており、あまり知識の無い若い方にも分かりやすく解説してあります。
その他にも親しかった方々と送る自己負担額99万8000円というゴージャスなコースには、2日間の司会進行の料金なども含まれています。
高齢化社会になってこのような葬儀に関するビジネスもどんどんと増え、いろんな選択ができるようになり今まであまり公に言えなかった料金等も明確になってきていることは大変ありがたいとチラシを見て感じました。